帯広 はげ天 本店の「豚丼」|帯広の老舗、伝統の味に舌鼓

帯広はげ天

帯広のグルメとして人気が高い「豚丼」。

北海道の素材をふんだんに使った天ぷら・郷土料理、豚丼のお店「帯広 はげ天 本店」。

昭和初期から続く伝統の味をご紹介いたします。

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載・再編集したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。

もくじ:
1. 帯広はげ天の「豚丼」
2. 海を渡ったはげ天の味
3. 帯広 はげ天 本店へのアクセス

1.帯広はげ天の「豚丼」

帯広はげ天

昭和9年に創業した天ぷらと郷土料理のお店「帯広はげ天 本店」
初代店主の「うまいもの」へのこだわりが今も脈々と受け継がれている老舗です。

帯広はげ天

昭和初期に誕生した豚丼。その豚丼を豚丼誕生初期から仲間と普及させたひとりが、初代「帯広はげ天」矢野省六氏です。

省六氏は試行錯誤を経て、「豚丼のたれ」を作り上げました。2代目、3代目とその秘伝のたれが受け継がれています。

はげ天の豚丼は、北海道の厳しい気候の元、大自然に恵まれた大地ですくすくと育まれた厳選した道産豚の一頭から、ほんのわずかしか取れない選りすぐりの部位を提供。

はげ天では特選豚肉を850℃の高温で一枚一枚丁寧に網焼きしています。

帯広はげ天
 画像提供元:「帯広はげ天 本店」

網焼きの豚丼は箸でさけるほど柔らかく、コクのある肉本来の美味しさが味わえます。まさに一級品。

「豚丼のたれ」は素材の味を吟味し、安全性を重視。増粘多糖類や保存料はいっさい使っていません。
本醸造醤油を使い、砂糖類そして天然のうま味、すべて安全な自然の材料で製法。

大量生産はせず、手作業で作り、無添加の伝統の味を今も守り続けています。

帯広はげ天

十勝・帯広の地元民に親しまれている伝統の味、豚丼は、海外の方にも人気。取材で訪れた日も海外の方が、”Pork”と言ってオーダーされていましたよ。

2. 海を渡ったはげ天の味

香港店

初代店主 矢野省六氏の「旨いものを造るには、時には損をすることも必要」との教えを守りながら、食材の素材選びにこだわって80年余りが過ぎた帯広はげ天。

2016年7月に海外1号店となる香港店がオープンしました。
天ぷらから郷土料理まで多彩なお料理をいただくことができます。

香港のお客様がはげ天のファンになって帯広本店までお越しいただくこともあるそう。
はげ天の和食料理が今、海を越えて受け継がれていっています。

3. 店舗情報|帯広 はげ天 本店

はげ天外観

「帯広 はげ天 本店」
HP)http://www.obihiro-hageten.com
住所)北海道帯広市西1条南10丁目5
 帯広駅 北口より徒歩約5分 北の屋台の北隣。
営業時間)11:00〜21:00(オーダーストップ20:30)
定休日)不定休
電話)0155-23-4478

※本記事は、「北海道ラボ」の記事を転載・再編集したコンテンツです。元記事はこちらよりご覧いただけます。