ワインと楽しむ十勝牛と十勝食材|ワイン城のレストラン

池田ワイン城

丘の上にそびえたつ重厚なお城「池田ワイン城」
北海道池田町はワインのまちとして知られています。異国情緒漂うワインの城は、50年を超える歴史を持つ「十勝ワイン」の醸造所です。

ワイン城にあるブッフェスタイルのレストランを訪れてみました。

ワイン城のレストラン

レストランは、ワイン城の最上階(4階)にあります。エレベーターを昇ってすぐ右手です。

池田ワイン城

池田ワイン城

2017年でリニューアルOPEN2年目を迎えたレストラン。十勝平野や日高山脈を一望できます。

池田ワイン城

レストランは11時から17時までのランチタイム営業。メインディッシュ+食べ放題ブッフェ式です。

広々とした空間で十勝の食材を使用したお料理とワイン城地下の熟成庫でゆっくりと味わいを深めた十勝ワインを楽しみ尽くすことができます。

池田ワイン城

メインディッシュ

メインディッシュは4種類の中から選べます。(写真は十勝産F1牛のロースステーキ)

池田ワイン城

【国産粗挽き肉ハンバーグ】:ゴロッとした粗挽きのお肉から溢れる肉汁。満足感たっぷり。大人¥1,620(食べ放題ブッフェ料金込み)

【十勝産F1牛の肉モモステーキ】:黒毛和牛とホルスタインのいいとこ取り。お肉本来の旨味が活きる赤身ステーキ。大人¥2,160(食べ放題ブッフェ料金込み)

【十勝産F1牛のロースステーキ】:きめ細かにサシが入り、肉質やわらか。赤身と脂のバランスが絶妙。大人¥3,240(食べ放題ブッフェ料金込み)

【ご当地あか牛「いけだ牛」のサーロインステーキ】:余分な脂がなくヘルシー、それでいて旨味たっぷりの美味しさ。大人¥4,320(食べ放題ブッフェ料金込み)

池田ワイン城

「美蘭牛」「十勝ハーブ牛」をメインに使用。
ホルスタイン種と黒毛和牛種の一代交雑種(かけあわせ)をF1と呼んでいます。

お客様のお声として圧倒的に多いのが「お肉(十勝牛)が柔らかくて美味しい」なのだそう。

池田ワイン城

お肉を焼いているところが見られます。

池田ワイン城

焼きあがったステーキはテーブルまで運んできてくださいます。ステーキが出来上がるまでの数分間、ブッフェコーナーから前菜をいただいてきてもいいですね。

池田ワイン城

十勝産F1牛のロースステーキが運ばれてきました。温かいうちにいただきましょう。
上品で柔らかな肉質でジューシー。お肉本来の旨味が楽しめます。今回はミディアムでいただきました。

香り高い赤ワインソースをかけていただくとお肉の旨味が引き立ち、濃厚な風味が口の中に広がります。

十勝ワイン

池田ワイン城

ワインメニューは全5種類(赤ワイン4種類、白ワイン1種類)から選べます。

品種は「トカップ 赤」「清見(きよみ)」「清舞(きよまい)」「山幸(やまさち)」「セイオロサム 白」です。

「トカップ赤」は60分飲み放題(¥1,080)、他ヴィンテージワイン4種類は、各¥540

それぞれのワインの特徴をご紹介していきましょう。

池田ワイン城

「トカップ 赤」は、ベーシックな赤ワイン。酸味とブーケのバランスがほど良く、どなたでも飲みやすい赤ワインです。(中口)

池田ワイン城

「清見(きよみ)」:優しい色合い、熟成香と果実香のバランスが良く、爽快な酸味と豊かさを持つ味わいは、まさに十勝ワインの代表的なワイン。(やや軽め)

「清舞(きよまい)」:独自開発した耐寒性交配品種から造られ、母親である清見譲りの軽快な味わいと爽やかな酸味が特長。(中口)

「山幸(やまさち)」:父親である山ぶどう譲りの草木系の果実香、野趣あふれる味わいと力強い酸味を持ち、優れた個性を有するワイン。(やや重め)

「セイオロサム 白」:華やかな果実香と豊かな酸味をストレートに表現した気品のある味わいのワイン。(辛口)

池田ワイン城

国産粗挽き肉ハンバーグ、十勝産F1牛の内モモステーキは「清見」、ロースステーキは「清見」「清舞」、サーロインステーキは「山幸」がおすすめとのこと。

相性の良いワインと一緒にいただくと、お肉の美味しさもより一層引き立ちます。

食べ放題ブッフェ

池田ワイン城

温製・冷製料理、お野菜、デザートコーナーがあります。身体が喜ぶ、野菜中心のヘルシーなお料理が楽しめます。

幕別町の長坂農場さんで育てられたかぼちゃを使ったかぼちゃスープやかぼちゃのスイーツも人気。

池田ワイン城

十勝の食料自給率は約1,100%。日本の食料基地としての役割が期待され、食材に恵まれた地域です。

十勝では、馬鈴薯、豆、小麦、ビートなどの作物や長いも、ゆり根、レタス、キャベツなどの野菜類も生産しています。酪農地帯として生乳の生産も盛んな他、牛肉の生産も有名。

1年を通しての日照時間が長く、夏と冬の温度差が最高60度になる時も。メリハリのある四季が美味しい作物をつくる栄養素となっています。

池田ワイン城

〔温製・冷製料理〕三種のフライドポテト、野菜のガーリックオイル和え、カポナータ、白ネギとマッシュルームのクリーム煮、玉ねぎの低温ロースト、鶏の唐揚げ、野菜のパスタ

珍しい、甘みのある紫色のじゃがいも「シャドークイーン」もブッフェ台に並んでいます。

池田ワイン城

〔野菜サラダor野菜のしゃぶしゃぶ〕紅芯大根、水菜、人参、ほうれん草、レタス、キャベツ、白カブ、小松菜、セロリ、玉ネギ、チンゲン菜、トレビス、和風だし、薬膳だし、豆乳だし

池田ワイン城

〔デザート〕チョコレートファウンテン、ぶどうゼリー赤、ぶどうゼリー白、パウンドケーキ、濃厚プリン

池田ワイン城

食後のデザートも充実。コーヒーと一緒に。

※食べ放題ブッフェは、季節によって一部メニューが変わります。
※メインディッシュ+食べ放題ブッフェは、ドリンク、デザートブッフェも利用できます。(ワインは別途料金がかかります。)

ワイン城の散策

池田ワイン城

ブドウ展示園や地下熟成室なども自由にご覧いただけます。お食事の後は、ゆっくりワイン城の見学をしてみてはいかがでしょうか。

十勝のワインと食を存分に堪能いただける1日になることでしょう。

アクセス

JR
池田駅
※特急おおぞら停車駅です。
札幌から  約2時間40分
南千歳から 約2時間10分
釧路から  約1時間10分
帯広から  約16分(普通列車 約30分)
JR池田駅から徒歩約10分でワイン城に着きます。
自動車
札幌ICから  約2時間50分(道東自動車道利用)
千歳東ICから 約2時間20分(道東自動車道利用)
釧路から    約2時間(一般道利用)
帯広から    約30分(一般道利用)
※道東自動車道十勝池田ICから約15分
バス
帯広駅バスターミナルから約1時間
(十勝バス帯広陸別線/旧ふるさと銀河線代替バス)

施設概要

ワイン城のレストラン(4F)
HP)http://www.tokachi-wine.com
住所)北海道中川郡池田町字清見83-3(ワイン城4F)
TEL: 015-572-3033(レストラン直通)
営業時間:11時~17時(ラストオーダー16時30分)
定休日:不定休
《池田ワイン城/池田町ブドウ・ブドウ酒研究所》
HP)http://www.tokachi-wine.com
住所)北海道中川郡池田町字清見83
TEL:015-572-2467
開館時間:9時~17時
入館料:無料
駐車場:無料(100台)
休館日:年末年始